ハチ駆除の業者を頼む前に!知っておきたい賃貸物件での蜂の巣対策

トラブルにならずに済む!蜂の巣駆除前に準備しておくべきこと

賃貸のアパートやマンションを契約している賃借人も、ハチや蜂の巣を発見した時にやるべき対処をしておけばトラブルを回避できることがあります。被害を未然に防ぎ、安全に生活できる環境を確保するために覚えておきましょう。"

賃貸でのハチトラブル事例?

現在住んでいるアパートに蜂の巣ができたため、蜂の巣駆除を行なう業者に巣の撤去を依頼しました。巣の撤去費用はおよそ6万円。とても安い費用とはいえないので、大家さんや管理会社へ費用を支払ってもらおうと考えました。しかし、大家さんや管理会社は借主に責任があるとして、まともにとりあってはくれません。対処責任は一体誰にあるのでしょうか?

賃貸でのハチトラブル事例?

マンションのエントランスに蜂の巣ができてしまいました。大家さんや管理会社が撤去するだろうと考え放置していましたが、誰も対応してくれず、巣がどんどん大きくなって非常に危険です。この場合は住民が駆除を依頼しなければならないのでしょうか?

大家さんが対応してくれるので安心

ハチを含む害虫トラブルは、扱いも自然災害に近いものとなっているため、駆除を行なう場合誰が責任を負うかを明確に決めることは難しいものです。

こうした害虫トラブルが発生した場合、多くの場合は大家さんが対応してくれます。大家さんには入居者が快適に過ごせるよう、所有する施設の管理をしっかり行なう義務があるため、害虫トラブルにも応じてくれるのです。ただし、定期的にベランダなどの掃除を行なわなかった人は巣を作りやすい状況を誘発させたとして、借主にハチ退治の責任が生じてしまうため注意が必要です。

to top